オンラインカジノのカラクリ

オンラインカジノでのブラックジャックのやり方は?

ブラックジャックは、ディーラーから配られるトランプの合計値が、ディーラーよりも「21」に近いほうが勝ちというシンプルなルールです。カードの取捨選択にプレイヤーの判断力が問われます。
オンラインカジノでもブラックジャックのやり方はそれ以外と変わりません。

ブラックジャックのやり方ブラックジャックの基本ルールはそれほど難しくありませんので、ぜひ覚えましょう。構造はプレイヤー対ディーラーであり、他のプレイヤーがいても関係ありません。この上、ディーラーはプレイヤーの後に規定のルールでカードを引くため、ディーラーが強いか弱いかは気にせずに勝負することが可能なのが魅力です。

ブラックジャックの流れは、まずディーラーからカードが2枚配られます。この時ディーラーの手札の1枚は表向き、もう一枚は伏せられています。プレイヤーはヒット(札を引く)、スタンド(札を引かないで勝負)、ダブルダウン(掛け金を2倍にしてから札を引く)を選ぶことができます。この3つが基本です。

ディーラーと比べて自分の手札が21に近いか、または21になれば勝ちです。ただし21を超えた場合はバーストとなり、その時点で負けとなります。プレイヤーは配られた手札を見て、追加でカードを引くか、それともこのまま勝負するかを判断することになります。

ディーラーが強いか弱いかはカードの数字は、ブラックジャック特有の数え方をします。絵札はすべて10として扱われます。このためクイーンとキングの2枚が手札にあっても25ではなく20として扱われ、バーストにはなりません。2から10はそのままの数字で扱います。
エースは1として扱うこともできるし、11とすることも可能な有利な札と言えます。エースと9が手持ちにある場合、エースを11と見なして20とすることが可能です。

特別な役として「ブラックジャック」があります。最初に配られる2枚のカードがエースと絵札または10だった場合に成立します。配当は2.5倍です。
例えば3と7とエースのように、追加でカードを引き合計が21になった場合にはブラックジャックは成立とはならないので注意が必要です。